トレーニング

感覚と動きのつながり

4月から 一般コースもアスリートコースも
練習メニューを変更します。

一般コースは、競技の土台となる
「感覚を養い、ぎこちなさを無くしていく」ために
もっと「ニコニコ楽しくなる」ウオーミングアップの内容に

アスリートコースは
「競技特性に必要な能力を伸ばし、
効率的にスキルを獲得する」
ために
もっと「目標を明確にした」トレーニング

変えていく予定です。

そのために、3月に入って
いろいろなチェック(テスト)を順次行ってます。

内容は、
 ①視覚認知チェック(見る力のテスト)
 ②平衡感覚と前庭感覚チェック(バランス力のテスト)
 ③身体能力テスト(筋力、筋持久力、瞬発力、アジリティ、柔軟性)

ですが、③は強化選手のみのテストです。

①と②は、知力や社会適応性を支えている感覚システム
子どもの脳の発達に関わる大切な部分でもあります。

興味、関心のある方は4月に説明会を致します。
そちらにご参加頂くと、
お子さんと同じ体験をして頂くこともできます。
練習の中に、ビジョントレーニングを取り入れている
理由も納得して頂けるんではと思います。

また、個人的にお子さんの結果を知りたい方や
「家庭でどのようなことに気を付けたら良いか?」を
知りたい方は、お知らせ下さい。
個別にお伝え致します。





冬場は縄跳びでステップ練習

11月になると一般コースの星の子たちの
トレーニングは縄跳びが中心になります。
各自、縄跳び持参で
10種のステップを縄跳びしながらトレーニングしていきます。
時には みんなで楽しく大繩跳びにも挑戦します。

10種目は2重跳びです。
10種全て終了したら、
最後は全員で2重跳び競争です。
「誰が、一度も引っかからずに一番長く跳べるか。」
時間を計測しながら
よ~いドン!

今週、5年生男子Gくん、歴代最年少チャンピオンになりました。
なんと、タイムは1分50秒!


一分越えができるのはは中学生がほとんどで、
過去2分越えしたのは中2男子一人
(その後、この子には自転車の古チューブを使って2重跳びするように勧めました。)
小学5年生で2分近く跳ぶなんてスゴイ、スゴイ。

ステラキッズでは
みんな2重跳びが跳べますよ。

最初は、まったく跳べない星の子が断然多いけど
入会1年目の冬が過ぎた時には大進歩してます。

今年入会の新人さんたち、跳べなくても大丈夫。
いっぱい練習したら、来年はびっくりするくらい跳んでます。