都道府県対抗団体戦 福岡県予選会

都道府県対抗団体メンバーに決まりました!



8月31日(シングルス)と、
9月16日(ダブルス)に

12月21日から徳島県にて開催される
全国小学生バドミントン大会の団体戦となる

「都道府県対抗団体戦」
に出場する
福岡県代表選手を決める
予選会がありました。




ジュニアナショナル選手がいる福岡県では
今年の予選会では

シングルスが 優勝及び準優勝者
ダブルスが 優勝ペア


3枠4名の選手
を選考するための大会でした。



ステラキッズからは、

シングルスに
がく・たいち・みつき
かの・あおい・えな・かのん

ダブルスには
がく&たいち あおい&えな かの&まなみ

がエントリーしましたが



かのが県代表枠を勝ち取りました!

よく頑張りました!



かのは、8月18日にあった
全小個人戦の県予選の直前に
ケガをしてしまい

そのケガを押して
無理して個人戦に出場したことで
ケガが悪化し長引いてしまい

8月31日は棄権しました。



「小学生最後の今年は
何としても全国大会に行きたい!」
と、頑張って練習していたので

前日まで迷いに迷った決断でした。

大会会場で涙を流している姿
進んで 審判のお手伝いに行く姿は
本当に胸が痛い思いがしました。




その後も、
十分な練習もできず

ようやく
ペアとダブルス練習できたのは
大会の前々日と前日でした。




小さな時から
シングルスプレーヤーとして
トレーニングを重ねてきた
かのですが、

昨年から 
あおいとダブルスを組んで
少しづつダブルスの練習をし
ダブルスの楽しさが
わかってきたことや

中3のお姉ちゃんが
ダブルスで頑張っていたことが

ダブルスのスキルアップに
繋がっていったのでしょう。



それにしても、
大会数日前から体調を崩して
ダウンしてしまい

大会サイドコーチにも
入れなかった私としては

「小うるさい私がいない方が
みんな伸び伸びと
プレイできるのかなあ。」


と、ちょっぴりさみしい気がしました。