クラブ方針

練習中の様子

練習中の様子



バドミントンというスポーツを通じて育つ力

クラブの子供達


「自律し自立した人間への育成を目指します」自ら光を放つ星の子となる


自分の考えを育てる

バドミントンは、対戦型のスポーツです。相手の特徴や技術を観察・考察することで、自ら戦法や戦略を考えます。
コートの中の戦い方思考のパターンは、日常生活での思考パターンや行動パタ-ンが表現されます。
「上達したい。」「勝ちたい。」という気持ちが強くなるほど、普段の行動にも変化が表れます。


目標を持ち行動に移す姿勢を育てる

スキルを身につける上でも、ゲームで対戦相手に勝利するためにも、目標を持ち、その目標を達成するための工夫や行動をするようになります。
自分で目標設定し、「ああでもない。こうでもない。」と、思考し工夫する。
その結果、達成した時の喜びや充実感を体験することで、自信が生まれ、何事にも果敢にチャレンジできる勇気が生まれます。


判断力や決断力を育てる

バドミントンは、スピードを要求されるスポーツです。トッププレーヤーのスマッシュは、時速300キロを軽く超えます。対応するには、無駄のない動きや判断力が必要になります。
練習の様子

S’kids B.Cで育む4つのポイント

羽根

ラケット



1.バドミントンスキルの上達

コース(一般コース、強化コース)ごとに習得目標に合わせて技術を習得していきます。
*コース、クラスに関しては、レッスンの特徴をご覧ください。


2.運動能力の向上

バドミントンスキルの習得を高めるためにも、コーディネーショントレーニング、ビジョントレーニング、右脳トレーニングなどを取り入れ、土台となる身体と脳・神経系のバランスの良い発達を促します。

3.メンタルワークを活用

明るく積極的に物事にチャレンジできる心と脳のトレーニングやワーク、イメージトレーニングの手法を取り入れ、がまん強く楽しみながら自分の立てた目標にトライしていきます。

4.社会性・自主性の習得

「なぜあいさつや返事が大切か」「プラスに作用する言葉とマイナスに作用する言葉(言葉、声のエネルギーについて)」を教えることで、周りと協調したり、配慮して行動することが身につきます。
また、高学年の子どもをグループリーダーにして、低学年や初心者に指導する時間を設けたり、グループごとにワークをし競争させることで、「誰かの役に立つ喜び」や共生が自然に身に付きます。


社会性を身につけ「ファンができ愛される選手、周りから応援してもらえる選手になる」ために、S’kids B.Cでは、日ごろから子どもたちと約束していることがあります。

星の子ルール 10箇条

練習の様子

練習の様子


1. 練習は必ず参加します。もし、お休みする時は、必ず練習開始1時間前までに、監督かコーチに連絡します。

2. 「いつでも どこでも 誰にでも」明るく元気にあいさつします。

3. 練習の準備や片付けは、自分から進んでテキパキ行います。

4. 名前を呼ばれたら、呼んだ人に聞こえるように、大きな声で「はい。」と、返事をします。

5. コートに入る時は、かけ足で入ります。入ったら、「お願いします。」コートから出る時は、「ありがとうございました。」を大きな声で言います。

6. 練習中は、自分も仲間も励ますような元気で大きな声出しをします。

7. コーチやお世話して下さる大人の話は、目を見て集中して聞きます。

8. 楽しく集中して練習できるように、まわりの気持ちを考えて行動します。

9. 何事も準備が大切です。小さくても練習や試合の準備、自分のことは自分でします。

10. 自分がしゃべった言葉を一番聞いているのは自分です。いやなことばや、誰かを攻撃したりバカにするような「ちくちく言葉」や、汚い言葉は使いません。